賃貸住宅契約時の費用に要注意!

投稿日2018年9月11日 投稿先 その他

賃貸住宅に入居するときは、思った以上にお金が掛かります。
入居者募集広告を目にしたとき、もっとも注目度が高いのは月々の家賃でしょう。
これは、入居し続ける限り払い続けることから、家計費全体とのバランスを考える必要がありますよね。
また、家賃を目安に、賃貸住宅探しをする人も多いのではないでしょうか。
入居時には、賃貸契約を文書で交わすことになります。
そのとき、大家さん、あるいは不動産業者から説明を受けますが、難解な項目が多いため聞き流してしまうかもしれません。
まず、入居時に支払う費用として、敷金・礼金が知られています。
当月分の家賃(日割り)のほか、翌月分の家賃支払いも必要になります。
不動産業者を介して契約するときは、仲介手数料が発生することも知っておきましょう。
こちらは、家賃1カ月分とのイメージがありますが、あくまでも上限価格です。
また、仲介手数料の支払いは借主だけでなく、貸主と分担して支払うところもあるのです。
さらに、借主には負担が掛からないケースもみられます。
なお、見落としがちな費用として、火災保険料があります。
こちらは、不動産業者から勧められる保険会社ではなく、自分で選べることも把握しておきたいですね。